スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月20日 自然の庭づくり 相談会 (2018年)

◆ 自然の庭づくり相談会のお知らせ ◆

自然の庭は 土が基本ですが、3年ほどすると土が変わっていることがわかり、
6年目には、土が変わった手応えを感じます。
そんな土になると、木も野草もよく育ち始め、手間もかからなくなります。
野草の芽生えは、いつもワクワクドキドキです。 そんな自然の庭づくりを始めませんか?

申し込みは、ブログの問い合わせからお願いします。

Taro-1608庭作り相談会 B


スポンサーサイト

冬を元気にポット苗、冬越え作業

小春日和の中、ポット苗の冬越え作業を行いました。
これで、水やり、草取りも、一休み ホッ!

s-1711 冬作業 ポット苗 (1)
土を掃きだしたので、こんなにキレイになりました。
冬越えのメイン作業である、春の成長のための栄養に油かすやりと、
寒さ対策の藁置きを行いました。

s-1711 冬作業 ポット苗 (3)
今年は短時間で終わると思っていたのは、大間違い。
屋根の取り外し、更に、防風ネットと防草シートの取り外しと
大変でした。
更に、更に、草刈りもやりました!

育苗場がこんなにキレイになったのは初めて。
みなさまお疲れ様でした。ご苦労さまでした。!

ポット苗でカントリーヘッジ

秋晴れの気持ちよい日に、
太陽光発電施設の敷地にポット苗を植栽しました。

施設に隣接するお宅の方が
樹木によるカントリーヘッジを希望されているとのことで、
私たちの育てたポット苗が使われることになりました。

『カントリーヘッジ』というのは、自然を利用した垣根、
という様な意味合いになるかと思います。

土地の境界のところに、ユキヤナギを植樹。

02-IMG_3081.jpg
すくすくと育ったユキヤナギの白い花が風にサラサラ揺れる姿を想像しながら、
1本づつ手作業で丁寧に植えました。

03-IMG_3093.jpg
寒さと乾燥から守るために、藁をしっかりと充てました。

ユキヤナギを植えたその奥の方の法面には、
広葉樹の苗を植えました。

02-IMG_3091.jpg
左側が施設と元からある垣根で、真ん中が今回植えた苗です。

土地本来の苗木をたくさん植えたので、
数年後には左の垣根よりも大きく育って、
きっと温もりのある優しいカントリーヘッジになることでしょう!

ポット苗で、森の復元!

八ヶ岳の在来樹木による森の復元をしたいと事業者の希望で、私たちのポット苗が使われました。
森の復元です。

1709 LOOOP 全体 (1)s
八ヶ岳大泉町の標高1200mの森が伐採され、ぽっかり空いた地。
ここが私たちの苗で森になっていくと思うと、感慨深い。

1709 LOOOP 植栽 (4)s
まだ植えて間もないのに、しっかり根をおろしているように見える。
小さい苗にも紅葉の季節が来た。 まるで着飾って競争しているようだ。

1709 LOOOP 植栽 (8)s
天に向かって、大きくなるぞ by マユミ!

1709 LOOOP 植栽 (16)s
黄色に色づいた、ダンコウバイ。 10年後には、大きくなっているだろうな。
とても、魅力的な森になりそうな予感がする。

いよいよ出荷

八ヶ岳の秋晴れの今日、 いよいよ出荷です。
1709出荷 (4)s
大きく育ったアズキナシ。 もうすぐ山に戻ります。

1709出荷 (3)s
低木のポット苗があった棟。 すっかり、寂しくなりました。

1709出荷 (7)s
いよいよ、山に運ばれていきます。 
「元気に頑張るんだよ」、とおもわず声かけました。
プロフィール

jyumokunokai

Author:jyumokunokai
私たちは、八ヶ岳自生の広葉樹の苗木を扱いが簡単なポット苗にして育てています。
森をみると心が和みます。 森を作る樹木には、いろいろな力があります。人を和ませる力、防風、防音に保水力、更に、心地よい景観や木陰、四季を彩るなど、樹木の力は無限です。そんな樹木が森だけでなく、まち中や庭にも広がっていくことを願っています。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。