2017年も元気に成長

ポット苗、今年も元気に育っています。
1705ポット苗 (2) s
毎日、水やり・草取りしながら、育てています。

1705ポット苗 (5) s
同じ苗が同じ所にあるため、虫がつくと、あっという間に、拡がってしまい、監視が大変です。
おもしろいことに、違う樹種は、虫がつかないのです。 虫にも好き嫌いがあるようです。

1705ポット苗 (9)tree only s
木の種類により、80cm以上に成長しているのもあります。

2017年 春作業の始まり

八ヶ岳も、春の陽差しで暖かくなり、今年のポット苗の春作業を行いました。

ポット苗も芽吹きの準備が始まっています。
根が伸びてくるので、土の中に伸びていかないように
ポットと土の間に隙間をつくるために、トレイを入れる作業が、春一番の作業です。

s-201612山梨農作業手伝い (1)
今年も、福祉施設の方たちが作業に参加してくださいました。
リーダーが手話で、作業を説明して下さいます。

s-201704山梨農作業手伝い (2)
20個が入ったトレイ、持ち上げて、これが重い!のです。
そして、空のトレイを下に置きます。

s-201704山梨農作業手伝い (6)
重いけど、一つづつに丁寧にやっていきます。

s-201704山梨農作業手伝い (8)
作業も段取りよく進み、みんなでコーヒータイム!
八ヶ岳の清々しい空気、これが美味しい!

おかげさまで、明日から、水やり、草取りなどの育苗作業が、開始できます。
みなさま、お疲れ様でした!

八ヶ岳のポット苗、冬越え準備中

ポット苗も、すべて葉をおとし、冬の装いとなりました。

今秋の日曜日、樹木を育てる会やお手伝いのみんなで、冬越え作業です。
苗に、有機肥料をやり、藁を置き、トレイをおろすなどすると、
無事冬を迎えることができます。

今は、みんなでポットの草抜きをしたりなどなど、毎日頑張っています。

ポット苗の冬越え作業

今日は、風もなく快晴で、冬越え作業にはありがたい。
秋に入ってから、いろいろ、苗木の手入れをしてきたのですが、 
今日はいよいよ冬越えの大作業。 皆総動員です。

s-15冬のポット苗-2-1
葉っぱを落とした苗木、すっきりと元気です。 あの夏の葉っぱの勢いが嘘みたい。

s-151208冬越え (1)
土を足したり、有機肥料をあげたりと、なかなか時間がかかります。

s-151208冬越え (2)
苗木を並び直したり、位置を変えたりと、重いのを動かすのは、これまた大変。

s-151208冬越え (3)
冬の寒さよけに、藁の毛布も敷き終えました。

s-151208冬越え (4)
朝からみんなで始めた冬越え作業。 終わった頃には、夕暮れの日差しになっていました。
ポット苗たち! 来春の元気な芽吹きまでのんびり過ごしてくださ~い。  
私たちも、ちょっとのんびりできます(笑い)。

暑い夏でした

今年は、八ヶ岳も暑い夏でした。
水やりが少し遅れると、元気をなくしたりと管理も大変です。
雨は、まさに恵みの雨です。 
育苗の水やり担当の時は、雨が降るとニコニコです。

冬の育苗場

12月、ポット苗木は、すっかり葉をおとし、冬越えの準備完了です。
1412fuyugoe (1) hp
 来年の芽吹きが楽しみです。

種から発芽して育っています。

元気に育つポット苗の四季をご覧ください。

140526pots (1)-s
冬を越えて、新芽を出し始めたニシキギ。 みずみずしい新緑です。

1406新苗-s
種から発芽したポット苗1年生です。 水やりが一日も欠かせません。

ポット苗140922 (1) 3年-s
八ヶ岳は寒いので、成長はゆっくりですが、3-4年するとこんなに大きく成長します。
もう充分に植樹できる大きさです。
厳しい冬も越えて強い苗にじっくりと育っています。

ポット苗140922 (3)-s
小さな木々も、それぞれの個性をだして、秋には紅葉します。
やがて、葉を落とし、冬木立になり、冬を迎えます。
私たちは、苗が厳しい冬を無事越えるよう、冬支度に大忙しとなります。

こんな風にして、苗木達は育っていきます。

冬越えの準備

冬の準備では、棚からポットを地面へと移動します。
地面からの熱と湿度が、ポット苗の恵みとなります。

今年は、藁を保温用に使ってみました。
冬越え1312 02-s
無農薬で育てた稲の藁を使っています。安全です。 
風で吹き飛ばされないかと心配していましたが、大風にも負けず、全く問題ないようです。

冬越え131216-s
八ヶ岳には、八ヶ岳颪(おろし)と言われる強風があります。
特に冬は強いので、ネットで周囲を囲みました。 

これで、冬の準備完了です。
この冬は雪が早くから降ったため、保湿も充分のはずで、春の芽吹きが楽しみです。

みんなで毎日育てています。

今年は乾燥しています。 春は、記録的な小雨。 そして、空梅雨。
ポット苗は、毎日水を必要としています。

そして、今は、苗をポットに移すポット苗作りの季節です。
とにかく忙しい。 今年は、福祉施設の人たちの協力を得て育てています。
八ヶ岳が自然豊かな地域になることを、目指して。

1307kagayaki-hp.jpg

ポット苗元気に育っています。

ポット苗は、30cmになると植樹できます。
この写真は、これから植樹を待つ元気なポット苗です。
1305芽吹き 3年目 hp
    
     ↑
下がポットに移して1年目です。 3年たつと上のように成長します!
太陽をサンサンと浴びて、樹木は成長していきます。
その間、水やりをし、冬期間も、厳しい冬を越えるよう見守って管理をしています。
そうして、春になると、こんな風に芽吹いてきます。
1305芽吹き1年目 hp
プロフィール

jyumokunokai

Author:jyumokunokai
私たちは、八ヶ岳自生の広葉樹の苗木を扱いが簡単なポット苗にして育てています。
森をみると心が和みます。 森を作る樹木には、いろいろな力があります。人を和ませる力、防風、防音に保水力、更に、心地よい景観や木陰、四季を彩るなど、樹木の力は無限です。そんな樹木が森だけでなく、まち中や庭にも広がっていくことを願っています。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
お問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム